コラム

コラム

LOH症候群の治療法

皆さんはLOH症候群(ロー症候群)という言葉を聞いたことはあるでしょうか?正式名称を『Late Onset Hypogonadism』と言われ加齢性腺機能低下症とも言われております。男性ホルモンの1つであるテストステロンの低下によって発症する様々な症状の総称のことで、男性の更年期障害とも言われます。更年期障害は女性がよくなるイメージがありますが、実は男性もなる可能性はあります。日本において加齢に伴う変化として長らく診療の対象外とされていました。しかし21世紀になり急激な高齢化社会の出現により治療対象として見なされるようになったのです。現在国内では潜在患者数が600万人ほどいると推計されています。

もし自分がLOH症候群かもと心当たりがあるようなら、まずはLOH症候群チェックシートで自分自身を確認してみるといいでしょう。軽い症状であればLOH症候群漢方薬などで治療できるかもしれません。認知症の治療薬や花粉症の治療方法で症状で治ると誤解している人がいるようですが、決して治りません。それではその他のLOH症候群治療はどのような方法があるのか、今回はLOH症候群とその治療方法について詳しく説明しようと思います。

LOH症候群の原因と症状

LOH症候群の原因について、男性は20代をピークに年齢を取るにつれてテストステロンが徐々に低下していきます。その結果何をするにもやる気がなくなったり、身体がだるくなったり、めまいや発汗が増えたりちょっとしたことでイライラしたりして日常生活にも大きく影響を及ぼします。LOH症候群が発症する年齢層は主に40代から50代の方に多く見られています。テストステロンの低下以外の発症する原因としては、日常生活からくるストレスや過労、運動不足、睡眠不足、食生活などが挙げられます。他にも性欲が低下してしまいED(勃起不全)などの勃起障害にもなる可能性があります。もしEDなどが発症してしまったらユナイテッドクリニック京都四条烏丸院ではED治療薬を各種取り扱っておりますので、来院の際には医師と相談していただき自分の体に適したED治療薬をお買い求めください。

LOH症候群の症状はいくつかあり、前述の通りED・性欲低下などの精力減退や、やる気がでない、抑うつ状態が続く、集中力が続かないなどの精神的な症状、さらに発汗、ほてり、頭痛、耳鳴り、睡眠障害などの身体的な症状など、日常生活に支障をきたす恐れなどがあります。人によってはうつ病と似た症状がでてしまうため、原因の特定や症状の改善に長い期間を必要とする場合があります。場合によっては無駄なうつ治療を続けてしまうことも。またLOH症候群を引き起こすテストステロンの低下により、男性ホルモンの肥満を抑制する効果が低下し、肥満になりやすくなると言われています。その結果、糖尿病や動脈硬化のきっかけになってしまう可能性もあります。

LOH症候群の治療方法

LOH症候群の治療方法は様々ありますが治療はいたってシンプルです。LOH症候群の原因である男性ホルモンのテストステロンを増やし補うことです。直接的な治療方法として筋肉注射による男性ホルモン補充の治療があります。しかし補充治療をする前に医師の診断が必要です。なので必ず受診しなければいけません。テストステロンの量を常に高く保つには数週間おきに定期的な血液検査と通院する必要があり、コストや時間だけでなく身体への負担の面でも不安があります。高用量での投与が行える、治療効果は良く副作用が少ないなどのメリットもありますが、比較的ハードルは高いと思われます。

ホルモン補充治療以外の一般的な治療方法は、医療機関で処方している医療用の亜鉛などの服用がお薦めです。亜鉛とビタミンBは摂取することによりテストステロンを低下を防ぐ効果があります。ビタミンBはテストステロンを増幅させる効果があり、亜鉛は摂取することで血中のテストステロンを低下させずに維持させることが可能なので特にお勧めです。他にも男性ホルモン補充剤である『DHEA』などもございます。

DHEAとは『Dehydroepiandrosterone』(デヒドロエピアンドロステロン)の略称で副腎や精巣といった器官で生成される男性ホルモンの一種です。DHEAはテストステロンの『前駆体』と呼ばれる、テストステロンになる前の物質です。DHEAを服用することで分泌量が減少しているテストステロンの量を増やす効果が期待できます。予防医療の進んでいるアメリカでは男性だけでなく、女性の更年期障害でも処方されるケースがあり広く利用されています。しかし日本ではまだまだ認知されておらず、市販もされていないのが現状です。よくサプリメントの名前で聞かれる『DHA』と勘違いされることもあります。DHEAの処方を希望される方は、専門の医療機関、クリニックにご相談いただくのがよいでしょう。

LOH症候群の日常でできる対策

LOH症候群の対策はバランスのよい食生活や睡眠時間の改善、適度の運動を定期的に行うなど、規則正しい生活を心掛けるだけでもテストステロンを増価させたり、減少を抑えることができます。食事は偏食を避けていただき、バランス良く栄養素を摂取することが大事です。しかし、その中でも特にテストステロンの維持に力を発揮する亜鉛や、テストステロンの分泌を促すアリシンといった成分は重要になります。亜鉛は牡蠣やビーフジャーキー、豚レバー(肝臓)などに、アリシンは玉葱やニンニク、長ネギ、ニラなどのネギ科の植物に多く含まれています。睡眠に関してですが睡眠時間を5時間に減らしたところ、テストステロンが10%以上も減少したという研究結果があります。その結果から分かる通りテストステロンの量と密接な関係がありますので、毎日十分な睡眠を心掛けて下さい。運動については長時間の激しい運動ではなく、ウォーキングなど軽めの有酸素運動を定期的に行うことでテストステロン増加が期待できます。

LOH症候群の予防のためにも常日頃からバランス良い食生活の改善や、適度な運動、しっかり睡眠時間をとるなど規則正しい生活を心掛けましょう。LOH症候群の症状が軽度の場合、メンタル面でのリハビリテーションや生活習慣の見直しによって症状が改善される方もいます。改善する余裕が無く長期間そのままにしてしまい症状が悪化されてしまう方もいます。少しでも心配な方、自覚症状がある方は早めの段階でお気軽に医師にご相談下さい。

ED治療・早漏治療ならユナイテッドクリニック京都四条烏丸院へ

ED治療・早漏治療のユナイテッドクリニック京都四条烏丸院ではED治療薬のバイアグラ処方・レビトラ処方・シアリス処方・バイアグラジェネリック(シルデナフィル)の処方、早漏治療薬のダポキセチン(プリリジー)処方を関西地方、近畿地方、京都府、最安値の価格で処方出来るよう目指しております。思い悩む前にお気軽にご相談ください。またED・男性更年期障害(LOH症候群)に効果があるDHEA、亜鉛やビタミンB、マカ等の取扱いも致しており様々な悩みに対応することができます。

アクセス良好

ユナイテッドクリニック京都四条烏丸院は、京都大丸出口を出てすぐです。市営地下鉄四条駅か阪急京都線烏丸駅の出口16(大丸東口)を出ていただき、高倉通に沿って左手側にお進みください。錦通商店街の入口がある最初の交差点を左折し少し進んでいただくと、1階に「はなまるうどん」の入ったエム・カーザビルが見えてきますので、エレベーターで4階までお上がりください。401号室が当院になります。住所は京都府京都市中京区錦小路通東洞院東入西魚屋町599 エム・カーザビル4階 401号室となりますが、分からないようでしたら電話等でもご案内させていただきます。

以下の近辺にお住まいの方は是非ユナイテッドクリニック京都四条烏丸院をご利用下さい。右京区(太秦・西京極・花園)・北区(金閣寺)・下京区(梅小路・河原町)・南区(上鳥羽・吉祥院・九条)・西京区(嵐山・大原)・左京区(一条寺・南禅寺)・上京区(一条・一町目)・中京区(相生町・油屋町・石橋町・石屋町・梅之木町・梅屋町・大炊町・鍵屋町・鍛治屋町・亀屋町・菊屋町・笹屋町・三条・三坊・三文字町・塩屋町・清水町・下丸屋町・聚楽廻・大黒町・大文字町・高宮町・橘町・俵屋町・突抜町・槌屋町・壺屋町・中之町・西ノ京・二条・毘沙門町・舟屋町・桝屋町・松本町・丸屋町・壬生・百足屋町・八百屋町・六角・和久屋町)・東山区(祇園町・三十三間堂廻り町)・伏見区(石田・下鳥羽・醍醐・横大路・淀)・山科区(安朱・音羽・西野・東野)。また兵庫、大阪、和歌山、奈良、三重、滋賀、福井といった近畿地方や北陸地方の方も是非京都四条烏丸院をご利用下さい。

四条駅・烏丸駅乗り入れ各路線

市営地下鉄 四条駅 徒歩0分
阪急京都線 烏丸駅 徒歩0分

 

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック京都四条烏丸院は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずにご来院いただけるようプライバシーに最大限の配慮をしています。

池袋院・新宿院・渋谷院・新橋院・上野院・横浜院・大宮院・福岡博多院・大阪梅田院・神戸三宮院・名古屋駅前院・大阪なんば院へお越しください。

ユナイテッドクリニック各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分 TEL:03-6907-1942
新宿院 JR新宿駅西口徒歩2分、都営大江戸線新宿西口駅D5出口徒歩0分、西武新宿線西武新宿駅徒歩2分(一階に餃子屋が入った守屋ビル8階)TEL:03-6908-8347
渋谷院 JR渋谷駅ハチ公改札口徒歩2分 地下3a出口徒歩0分(SHIBUYA109を正面から見て右側に隣接する玉久ビル4階) TEL:03-6427-0522
新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階) TEL:03-6264-6480
上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にファミリーマートが入った早稲田ビルヂング8階) TEL:03-6231-6472
横浜院 JR横浜駅きた西口、徒歩3分(1階に床屋「スカット」が入った第7浅川ビル4階A室) TEL:045-594-9983
大宮院 JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3軒目の山中ビル5階) TEL:048-871-8239
福岡博多院 JR博多駅博多口そば(西21出口)徒歩0分、1階にゴルフショップが入ったヤシマ博多駅前ビル6階) TEL:092-260-7170
大阪梅田院 JR梅田駅地下街・ホワイティ梅田の「泉の広場」から徒歩0分 TEL:06-6484-9633 
神戸三宮院 JR三ノ宮駅中央口徒歩0分、グリーンシャポー604号室 TEL:078-855-3788
名古屋駅前院 JR名古屋駅サンロードS2・S3番出口から徒歩0分。マルイト名古屋ビルB1F TEL:052-564-5800
大阪なんば院 大阪メトロ御堂筋線なんば駅北西改札徒歩0分 ティックランドビル5階 TEL:06-4256-2877

また新橋院には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川など東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されます。

記事監修

平成元年
埼玉医科大学医学部卒業
平成元年
東京医科大学付属病院
平成5年
牧田中医クリニック
平成8年
西熊谷病院
平成29年
ユナイテッドクリニック上野院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
タップで電話発信します
075-746-6411
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト