シアリスジェネリック

シアリスジェネリック

シアリスジェネリックは2018~2019年に発売される?

シルデナフィルはバイアグラのジェネリック医薬品であり、多くの日本の医薬品メーカーから販売・製造されています。それに対してシアリスのジェネリック医薬品は海外製のものしか販売・製造されていません。噂ですが、2018~2019年頃には国内製のシアリスジェネリックが販売されるのではないかといわれています。タダラフィルを主成分とするシアリスは日本新薬と日本イーライリリー社が販売・製造しているED治療薬です。

シアリスも海外で生産した後、日本でパッケージされ各医療機関へ流通しているようです。グローバル化された現代では、製薬会社が日本国内で医薬品を生産することは少なくなっています。イーライリリー社は外資系の製薬メーカーですからなおさらです。

シアリスジェネリックはバイアグラジェネリックと同様にファイザー社、東和薬品、キッセイ薬品などの製薬会社から販売されるかもしれません。販売される場合の名称が「タダラフィル」+mg数+「会社名」になると予想されています。例えば東和薬品であれば「タダラフィル20mgトーワ」などといった名称になるのではないかと思われます。ほぼ確実に販売されるであろうシアリスジェネリックの用量は10mg錠、20mg錠となっています。ただし5mg錠は需要があまりないために販売はされないかもしれません。

シアリスとシアリスジェネリックは同じ
シアリスジェネリック

シアリスジェネリックの副作用、注意点、飲み方・服用方法、禁忌、併用禁忌薬、効果などシアリスと同じになっています。シアリスとシアリスジェネリックを比較しても副作用・効果が同じで、シアリスジェネリックの開発コストが安価ため、処方・販売価格はシアリスより安くなります。ユナイテッドクリニック京都四条烏丸院でも国産のシアリスジェネリックの処方が開始されれば、国内最安値で即日、処方箋不要で院内処方できるよう努力いたします。シアリスジェネリックの処方は個人輸入代行や通販ではなく、保健所が許可をしている安心・安全のクリニック(病院)で処方されることを強くお勧めいたします。

ジェネリック医薬品とは

TV・CM等で流れる機会が多くなった「ジェネリック医薬品」という名称は、以前よりも認知度が急速に高くなっています。先発医薬品と同成分・同効果のジェネリック医薬品は先発医薬品より価格が抑えられている薬剤です。新薬を開発した製薬会社やメーカーは特許を出願することによって一定期間その新薬を独占的に販売・製造することができます。この医薬品のことを「先発医薬品」と呼びます。先発医薬品の開発には莫大なコストがかかっているため、他のメーカー・製薬会社が同成分の薬剤を簡単に作ることができてしまえば、開発にかかったコストを回収することができません。そのため費用回収ができるように特許取得を認め、特許期間は新薬を開発した製薬会社やメーカーが独占的に販売・製造できるシステムになっています。

上記の理由により先発医薬品の価格は高めに設定されている場合が多いのです。新薬の特許期間が終了を迎えると、他の製薬会社やメーカーは申請を出し、許可されると新薬と同成分・同効果の薬剤を販売・製造できるようになります。この医薬品を後発医薬品「ジェネリック医薬品」と呼びます。ジェネリック医薬品は新薬と同成分なので同じ効果を期待できます。ジェネリック医薬品は新薬の様に開発コストや宣伝コストが掛かっていないため、価格が先発医薬品よりもお安くなっています。ジェネリック医薬品は厚生労働省も利用を進めており、使用は法律で認められています。

シアリスジェネリックの効果

シアリスジェネリックの効果は先発医薬品のシアリスと同効果です。シアリスジェネリックの最たる特長は、10mg錠で20~24時間、20mg錠で30~36時間という持続時間の長さです。食事やアルコールの影響を受けにくい薬剤でもあります。食事のタイミングが気になる方はシアリスジェネリックを試してみることをお勧めします。ただし食事の影響をまったく受けないというわけではないので、飲み過ぎや食べ過ぎなどに注意をして服用してください。お酒を飲む際は、ビール中ビン1本に抑えておくのが良いでしょう。

シアリスジェネリックの服用・飲み方

シアリスジェネリックの服用方法・飲み方は先発医薬品のシアリスと同じです。バイアグラ・レビトラと異なりシアリスジェネリックは効果発現に服用後1~2時間を要しますが、持続時間は長い薬剤なので早めに服用すれば長時間作用が持続します。ED治療薬の服用が初めての方は不安や緊張のために十分に薬剤の効果が発揮できない場合がありますが、薬剤服用4回目にして効果が見られた方の割合も増えていますので1~2回服用して効果があらわれなかった場合でも、続けて5~6回服用して効果を判定するようにしましょう。5~6回服用しても効果があらわれないときは医師と相談するようにしましょう。

シアリスジェネリックの副作用

シアリスジェネリックの副作用は基本的にはシアリスと同じで、動悸、頭痛、顔のほてり、目の充血などがあり、症状の強さもシアリスと同程度になります。これらの副作用は一時的なものですので過度の心配は不要です。もしも頭痛の症状が出て心配の方はロキソニンなどの頭痛薬を併用してください。ロキソニンはユナイテッドクリニック京都四条烏丸院でもご用意しております。

アドシルカ・ザルティアとシリアスジェネリック

「アドシルカ」と「ザルティア」の有効成分はタダラフィルでシリアスと同成分ですが、「アドシルカ」と「ザルティア」両薬剤ともシアリスジェネリックではありません。アドシルカは「肺動脈性高血圧症」(肺高血圧症)の薬で、ザルティアは「前立腺肥大」の薬として承認されています。特殊な成分のタダラフィルはED治療薬以外の様々な病気に使用されています。

海外シアリスジェネリックとは

タダリスSX

 シアリス(タダラフィル)、レビトラ(バルデナフィル)は現在日本国内正規品のジェネリック医薬品は販売されていませんが、海外では特許事情の違いによりジェネリック医薬品は世界中で販売されています。バイアグラを販売・製造しているファイザー社はシアリスジェネリックの「タダリフト」を販売しており、インドではマクレオーズ社の「メガリス」、シブラ社の「タダシップ」、アジャンタファーマ社の「タダリスSX」などが挙げられます。これらのジェネリック医薬品は偽物や偽造品ではなく、承認を受けている正規品です。上記のシアリスジェネリックは主成分をタダラフィルとしたED治療薬です。シリアスと効果、副作用、注意点、禁忌、併用禁忌薬、飲み方・服用方法など同じです。

シアリスジェネリックのネット通販・個人輸入代行には要注意

2018年4月現在、日本国内ではシリアスジェネリックは流通していないので、入手するためにはネット通販、個人輸入代行などを利用するしかありません。数多くの通販サイトにシアリスジェネリックの感想・体験談・レビューなどが書いてあり、激安・格安な価格で輸入することが可能となっています。ネットではシアリスジェネリック専用の提示版なども存在しているそうです。ネット通販・個人輸入代行は商品が届かないだけの金銭トラブルだけで済めば良いのですが、偽物が届き服用することによって重篤な副作用が出たとしても自己責任になりますので、安心・安全性のあるクリニック(病院)での処方をお勧めします。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
タップで電話発信します
075-746-6411
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト