パキシル

早漏治療薬パキシル(一般名:パロキセチン PAROXETINE)

パキシルとは

パロキセチン

ED治療薬・早漏症治療薬を処方するクリニックで「従来の早漏症薬」等と記載されていることがある薬剤です。一般名は「パロキセチン」といい、「パキシル」は製剤名になります。

パキシルは、本来は抗うつ作用及び抗不安作用を有する治療薬になります。うつ病・パニック障害・社会不安障害の適応であり、早漏症の適応はございません。しかし、パキシルは副作用として早漏改善効果が起こります。その副作用を利用することでパキシルは早漏症治療薬として適応外使用されています。

パキシルの有効性は高くありませんが、一部の方で確かに効果が見られること、安全性が高いことから当院でもパキシルを処方しております。

パキシルの効果

一般的には性行為の約5時間前に服用することで射精時間を延長する効果が報告されています。

海外におけるデータでパキシルを用いた早漏症治療では、治療開始前の膣内挿入後から射精までの時間(IELT)が平均で24秒だった4~6人の被験者が4週間、性行為の5時間前にパキシル20mgの投与を続け、1人程度の割合で射精時間が34~90秒ほど射精時間の延長が改善されました。早漏症の改善率は10~30%と報告されています。

現在、早漏症治療薬はパキシルよりも世界で唯一認められているプリリジー(ダポキセチン)が圧倒的な射精延長効果が確認されていることから主流となっています。そのため、パキシルはあまり処方されなくなっています。しかし、パキシルで早漏改善効果が認められる方もいることから、当院においてもパキシル10mg錠を早漏症治療薬として取り扱いを続けております。

パキシルとダポキセチン(プリリジー)は併用できません

パキシルとダポキセチン(プリリジー)は、同じSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されるため、併用しての服用ができません。

セロトニン作動性をもつSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、TCA(三環系坑うつ薬)などの薬剤を使用されている方は、薬剤の使用を中断する必要があり、14日以内は併用禁忌となります。

ユリーフ(シロドシン)は使用しないでください!

早漏治療において主流となっているダポキセチン(プリリジー)やリドスプレーではなく、早漏症治療薬の適応がない薬を処方しているクリニックがあります。

前立腺肥大症治療薬の、ユリーフ(シロドシン)、癌性疼痛の適応であるトラマール(トラマドール)を早漏症治療薬として処方している場合があります。ユリーフには射精感を得ることができないことの他に、精液が陰茎から放出されず、逆方向の膀胱に流れ込んでしまう状態の「逆行性射精」の副作用が100%生じます。また一度副作用が出現すると20~25%の方で不可逆性となり、一生治癒することがありません。また、トラマール(トラマドール)には依存性があることで知られています。

正しい早漏治療を行っていない危険なクリニックにご注意下さい。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
タップで電話発信します
075-746-6411
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト